FC2ブログ

記事一覧

食感と甘さが病み付きになる平天 まるせん蒲鉾店

marusen.jpg

 和歌山県田辺市の高山寺の山門前にある「まるせん蒲鉾店」の平天、、

 南紀田辺インターを降り右折して、国道42号線の稲成交差点をまっすぐに突き進み、田辺市内方面に向かうと会津川の辺にでます。

 切戸橋を渡らずに橋の手前を左折すると、約300mも行けば高山寺の山門が左手に、、 

 道を挟んで、その山門の正面にあるのが「まるせん蒲鉾店」で、田辺名物のなんば焼や牛蒡巻を製造販売する老舗のお店です。 

 以前は、なんば焼が中心の製造販売でしたが、時代と共に、お客様の味覚的思考が変化してゆき、蒲鉾の売り上げが低迷してきたそうです。

 そんな中で、蒲鉾と同じ魚のすり身を加工して作る「平天」の製造販売を始めたようです。 

 その平天が人気商品に、、、

 買ってすぐに食べれる。

 若者達にも受け入れられる。

 お値段が手頃、、、

 そんなことを考えながら試行錯誤を繰り返したのでしょうか?

 ちょっと甘めで、もちもち感が美味しさをそそる、きくらげが入りの変わり種の平天です。

 温かければ文句なしに美味しいですが、冷めてもこれがまた旨い、、

tenpura.jpg 

 平天にしてはちょっと甘すぎるかなと言う人もいますが、二、三枚はペロリと食べれる美味しさです。

 お酒の肴にもお勧めで、お土産にも喜ばれると思います。

 一枚110円、、

 10枚買えば、1000円にしてくれたかな??

 ただ、買えるのは午前中のみ、、

 運が良ければ昼からもあるかも知れないですが、午前中に売り切れてしまう人気商品です。

 「天ぷら出来たて有ります」の看板が目印です。
 
 一度は買って食べてみる価値ありの一品だと思います。

住所 和歌山県田辺市稲成町421-1
営業時間 :08:00~18:00
定休日:日曜日

日々の出来事ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村 


くまの里山倶楽部

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント