FC2ブログ

記事一覧

飲食店はコロナ渦でどう生き残るか? (はじめに)

 飲食店を営むものとして、また、経営の新参者として、疲弊するコロナ禍をどう生きるか、どう乗り越えるか、少しづつ書き残して行こうと思う。

 はじめに

 コロナウィルス感染が終息の兆しが見えない今、複数での飲食行為が悪とされており、飲食店にとっては戦時中さながらの暗黒の時代である。我われ飲食業を営む者にとっては死活問題であり、山積した課題は難解な知恵の輪を解くよりも遥かに難しい人生ゲームである。まさに生き残りをかけたサバイバルゲームでしかない。

 本来、美味しい物を提供し、楽しい場所を提供するのが飲食店の社会的役割であり、美味しいものには人を笑顔にする作用がある。そして、人と人との結び付きを強固にする力がある。しかし、心のオワシスは確実に崩壊しようとしているのが手に取るようにわかる。

 そんな中、闇の中から一寸の光を求めて、何を考え、どう行動してゆくのかが重要な鍵を握ることになる。もちろん社会保障も必要とはなるだろうが、そればかりには頼ってはいられない。まして、時短要請や休業要請がおこなわれない限り、どれだけ来客者が激減しようが社会保障の対象にはならない。感染発症率の少ない地方ほど自力で生き残る道を模索しなければならないが、人口が少ない地方ほど、飲食店への客足が遠のいていることを痛感している。

 しかし、悲観ばかりをしていては夢は広がって行かない。必ず光は見えてくるはずである。どんな小さな光でも構わない。それを探し続けることが、今、我々ができる最大の努力である。そう信じて、一言一言大切に綴って行こうと思う。自己満足に過ぎないかも知れないが、ほんの少しでも誰かの励みになれば書く者の幸せかなと思う。
 

 



スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

夏月也

Author:夏月也
くまの里山倶楽部へようこそ

心地よい自然の風に吹かれて、熊野の四季を楽しんでみませんか?

月別アーカイブ

最新コメント

アクセスカウンター