FC2ブログ

記事一覧

朝の五時から今川焼きを食う

image1 (10)

早朝から今川焼きを食べる。

こんな馬鹿なやつは絶対に居ないでしょうが、まぁ、一向に痩せないはずだ。

それはさておき、、、

日本の和菓子の王道と言っても良いほどの「今川焼き」、、

回転焼きや大判焼きなど、地域によっては名前が変わるが、日本人で知らない人はいないだろう。

発祥は江戸時代だと云われており、江戸の名主・今川善右衛門が架線した「今川橋」周辺で売られたのが始まりと云われている。

諸説あるので、ほんとうかどうかは怪しいところだが、、、

今川焼きそのものが先なのかも疑問である。

それより、私が気になるのは、、

名前の多さである。

関東と関西で名前が違うものはかなりあるが、製造方法が異なったりする。

しかし、今川焼きに関しては、製造方法はほぼ同じだと言っていい。

小麦粉を練った生地に餡子やカスタードを詰めて焼いたものだ。

はっきりと違いが分かるものは、たい焼きくらいだろう。

神様が、人間がバベルの塔を作りかけたことに危惧して、人々が結束するのを阻止するために言語をバラバラにしたと言う逸話は有名な話だが、 日本の神様は、いやいや、地方の人々は何を危惧して、今川焼きの名前を変えていったのだろう。

誇り高き日本人のことだ。

日本は、徳川家が江戸幕府を成立させ、全国を統一されるまでは、多くの国々が存在した。

国そのものは江戸幕府に吸収されてしまったが、外様大名のせめてもの憎き思いを、今川焼きに別名として託したのではないか、、、

ってことは、怨念饅頭なのか???

そんなことを考えながら、ただただ美味しく頂いた(笑)

脂肪燃焼には、ほどほど遠い(笑)

昨日は芋、今日は今川焼き、明日は???

image1 (11) 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


日々の出来事ランキング





スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント