FC2ブログ

記事一覧

聞き上手と喋り下手

  人と人が接する場面において、人間には得て不得手があって、喋る事の大好きな人もいれば、嫌いな人もいる。
 
 特に凄いと思えるのは、聞き上手な達人が世の中にはいることだ。
 
 私は、数年前からある方と会話をするチャンスを頂いているが、その方が素晴らしく聞き上手な女性なのだ。
 
 決して会話が上手な方ではないし、話題も豊富な方ではないが、聞き上手の達人と言っても言い過ぎではないだろう。

  相槌の打ち方、笑うツボ、質問のタイミングが絶妙なのだ。
 
 とにかく人の話を良く聞いてくれる。

 会話と言うものは、お互いの話が通じあって成り立っているが、傾向を見ると、かなりの割合で一方的に喋り捲る人が多い。

 私もその割合の多い方の一人かも知れない。
 
 常々から、聞き上手にはなりたいと思ってはいるが、なかなかそうは行かない。

 実は、人の話を聞ける人と言うのは、他人を輝かす事ができる人なんだよね。

 訓練してできるものなのか?

 それは私にもわかり分からないが、対人関係、特に会話の上手な方って素敵だと思う。

  基本、接客の上手な方はその傾向にはあり、学ぶべきところが多い。
 
 その方は英語も堪能で、その訓練の過程において、ヒヤリング技術がマスターできているのだろうか?
 
 以前、こんな話を聞いたことがある。
 
 東京の銀座のホステスは、経済新聞を愛読しているという話だ。

 また、美術館や博物館、図書館にもよく足を運ぶらしい。
 
 知力を磨くことを怠らないのだろう。
 
 銀座のスナックやクラブには、当然、一流企業の重役をはじめ、全国の著名人が集まる。
 
 その方々を心からもてなすのには、にわか情報だけでは太刀打ちできないからだ。

 聞き上手になるためには、それなりの情報を知っていないと、本当の相槌も打てない。

  また、聞き上手は相手の気持ちを理解することで、多くを語らずとも相手を輝かす話術を持っている。

 話は逸れたが、その彼女の素晴らしいところは、自慢を語らないことである。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント