FC2ブログ

記事一覧

マンション管理とコロナウイルス感染

マンション管理、、

縁あって、二年間に渡り、マンションの管理組合の副理事を務めさせて頂いた。

基本、理事は立候補で行われ選挙で選ばれたのち、総会の承認を得て理事会の一員として活動が始まる。

理事会の最大の役割は、予算案の作成と会計監査、新規事業計画に基づいたマンション管理事業の遂行である。

簡単に言えば、区分所有者の皆さんから預かった管理費や修繕積立金を、如何に有効かつ適切に使うかの事務的作業である。

理事会での決定権は決して大きくない。

殆どの案件は、年に一回開催される定時総会において、半数以上、内容によっては4分の3以上の承認がなくては成立しないのである。

当マンションでは理事に対する給与報酬はない。

たぶん、報酬があるところの方が少ないとは思うが、、

当マンションでは、理事会に出席した場合には交通費と出席手当が支払れる規則になっている。

交通費???

自分の家にいて交通費とは、すごく不思議に思われるでしょう。

所謂、リゾートマンションといわれる物件である。

よく言えば、別荘ということになる。

ただ、マンション法においては、リゾートマンションという括りはなく、管理は分譲型マンションと同じ法律が適用される。

共用部分に温泉大浴場が設置されており、温泉法の適用が必要になってくるのが、一般的なマンションとの違いはあるかも知れない。

管理については、自主管理か管理会社への委託かの選択になる。

当マンションは自主管理を行っている。

基本、田辺市にはマンション管理を請け負うところがなく、よほど大手が参入したマンションでなければ、自主管理が多いと聞いている。

マンション管理について、何回かに分けて投稿しようと思うが、今年はコロナウイルス感染の影響で、マンションの管理も多くの問題を抱えることとなった。

つづく

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント